カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
2019夏を席巻したMercedes-AMG PETRONAS F1チーム コレクションが、秋冬にも勢力拡大。”通”なサイクリストに人気の保温性ビブショーツ T.ティブル S7が、FF1シリーズの仲間入り。推奨気温10〜20℃、RXミディアムフリースを主素材とし、下腹部の防風パネルが冷気を遮断。ニーウォーマーやレッグウォーマーとの組み合わせで、春・秋〜初冬と長くお使いいただけます。パッドはレーシンググレードのエキップEVO 8mm厚を採用。肌寒い、晩秋や春先のヒルクライムレースなどには特にオススメです!
【ASSOS/アソス】FF1 RS SPRING FALL BIB SHORTS(秋冬向け保温素材ビブショーツ)
39,380円(税3,580円)
売切れ間近
各オプションの詳細情報
SIZE
購入数

【ASSOS/アソス】FF1 RS SPRING FALL BIB SHORTS(秋冬向け保温素材ビブショーツ)

39,380円(税3,580円)
暖かさレベル ★☆☆☆

夏物から秋冬物へ、コレクション全体として魅力が高まったFF1シリーズ
まだ記憶に新しい、2019夏を席巻したMercedes-AMG PETRONAS F1チーム コレクションが、
新たなコレクションを引き連れて、秋冬にも勢力拡大。
コンストラクターズ タイトル6連覇を目指す、Mercedes-AMG PETRONAS F1チーム × ASSOSの
最強タッグはまだまだ続く。今後の展開も見逃せません。
モータースポーツの精神と融合したFF1シリーズをお楽しみください。


ベースアイテムは、秋冬に最適な保温性ビブショーツ T.ティブル S7
主素材は起毛フリース素材、RX Medium を使用。ASSOSの中でも上位モデルに使われる素材です。
ショーツながら夏場の使用ではなく、春や秋など気温がやや低い時期にフォーカスしたアイテムです。
これまでのType 607 RX 素材と比較し、より薄く、軽量になりながらも、優れた保温・断熱性を確保。
耐摩耗性も大きく向上しました。


小雨程度ならば素材に浸みない
また素材表面は、「AWR」 (ASSOS Water Repellent technology) により、優れた撥水性を持ちます。
霧雨や小雨程度であれば、生地が水を弾き、濡れによる冷えからも身体を守ります。


着用感は夏のビブショーツと変わらない
素材は秋冬物に変わりながらも、カンピオニッシモAEPD により、S7ビブショーツの大きな特徴である、
最高の穿き心地を実現。身体に対して、生地が過不足なく追従。ピッタリしながらも、きつくない。
まるで第二の肌のような印象です。


防風素材が入り、下腹部を冷えから守る
下腹部には「blasenSchutz」機構を採用。
風を遮り、且つ透湿性に優れた素材を、お腹〜男性器下側まで広範囲に入れることにより、
冷気にさらされる前側、下腹部から膀胱にかけてをしっかり守ります。


内側の丁寧な作りにも注目
また、一体型パッドプロテクション構造(Integrated front pad protection = IPP)を採用し、
ショーツの前側、男性器が収まる部分の快適性を向上させています。
ショーツの生地に直接パッドを縫い付けるのではなく、生地とパッドの縫合部に柔らかい保護の為の
素材を入れることにより、縫い目が肌の側に直接出ないようになっています。


中核となるエキップ パッドを採用
パッド自体はエキップ S7 パッドを採用。
フィット感が非常に高く、股間のパッドの存在を忘れてしまうほどです。
左裾にはS7を象徴する、アメジストのライン。


起毛ビブショーツはもはや定番へ。現在ビブニッカーとシェアは五分五分
秋口以降、気温が下がってからも、レースを中心とした強度の高い乗り方をするライダーに
特にオススメのこのビブショーツ。
起毛素材のビブショーツは、80年代に活躍した伝説的なベルギー人選手、
フレディ・マルテンスがアソス社にリクエストしたことにより生まれたアイテム。
冬場のシクロクロス、春先のヒルクライムレースなどにはまさにピッタリです。


拡張性に優れたマルチなアイテム
クライマレンジは「フォール」となっていますが、単体、ニーウォーマー、レッグウォーマーとの
組み合わせにより、非常に幅広い季節に対応できます。
目安としては、東京近郊の気候であれば、年内いっぱいくらいまで、こちらとレッグウォーマーの
組み合わせで、多くの方が問題なく走ることが可能かと思います。


サイズ:XS〜XL
カラー:黒のみ
材質 : 55% PA, 24% PES, 17% EA, 4% PU
重量:210g(Mサイズ実測)
生産国:ブルガリア


この商品を購入する