カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
ASSOSの冬用の新しいインナーがこちら。前世代のスキンフォイル「アーリーウィンター」と「ウィンター」のいいとこ取りをした、現在の冬に「ちょうどいい」スペックのインナーに仕上がりました。
【ASSOS/アソス】SKINFOIL WINTER LS Base Layer (冬用)
15,984円(税1,184円)
各オプションの詳細情報
SIZE
購入数

【ASSOS/アソス】SKINFOIL WINTER LS Base Layer (冬用)
15,984円(税1,184円)
かつてのアーリーウィンターが、現行のウィンターに
2019シーズン、スキンフィル インナーのデザインがリファイン。
ほとんどの種類において、袖のデザイン変更だけなのに対し、こちらのウィンターは、
大きな変更を伴っています。ご注意ください。

前世代の冬用スキンフォイルは「アーリーウィンター」と「ウィンター」2種類存在していたのですが、
今世代から「かつてのウィンター」スペックが廃止され、「かつてのアーリーウィンター」スペックが、
新しい現行の「ウィンター」となっています。
ややこしくて、申し訳ございません。
簡単に言うと、「超暖かった真冬用インナーがラインナップから消えた」と言うことです。


こちらもプレーンな袖へ
こちらも他の種類同様、かつて両袖にあったデザイン(柄)が廃され、プレーンな
袖のデザインへ。
結果、着用時に肩の柄の内側のモサモサに指や腕時計が引っかかったりすることが無くなり、
長袖の上に半袖ジャージを着用する場合、袖のデザインとの相性の悪さの問題も無くなりました。


スプリング/フォールとは素材と厚みも異なる
スプリング/フォール LS と比較し、こちらのウィンター LSは、しっかりと、わかりやすい暖かさを
感じていただけます。
素材の配合を変え、生地の厚みも増すことで、12月中旬以降の寒さの中でのライドにうってつけな
仕様となっています。


冬用インナーとしてはかなり軽量
一方で、真冬のインナーとしては、極めて薄手で軽量なのも事実。
かつてのウィンター LSのような、過剰な程の暖かさではないので、厚手のインナーが苦手な方や、
冬場でも運動量・発熱量の多いライディングをされる方には、現行のスペックがちょうどいいのかも
しれません。


高めの首の作りで防寒性アップ
ご注目いただきたいポイントが、首の形状。
「かつてのウィンター」同様、首の作りがやや高め、セミハイネックになっており、
「かつてのアーリーウィンター」よりも、この点の防寒性が上がっています。


汗を素早く処理
オープンメッシュ構造を採用。
掻いた汗を素早く肌面から吸い上げ、その上に着ているウェアに水分を移行させます。
上に着ているウェアは常に風を受けている為、すぐに水分を発散させることが可能です。
肌を常にドライに保ち、汗冷えを感じさせないことが、この時期のインナーの最も大切な
役割となります。


サイズ:0(XS〜S)、機M)、供L〜XL)、掘XLG)
カラー:BLACK
材質 : 97% PP, 3% EA
重量:164g(1サイズ実測)
生産国:イタリア


この商品を購入する