カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
湿度の高い日本の夏に最適なノースリーブインナー。大きい網目のメッシュで空気のマスを作り、厚みのある素材で汗を大量に処理。ジャージの下に空気のベールを生み出すことで体温の上昇を抑え、ベタベタから解放。夏でもインナーを着た方が涼しく感じられます。
【ASSOS/アソス】SKINFOIL NS SUMMER BASE LAYER WHITE(夏用 袖無し)
9,720円(税720円)
各オプションの詳細情報
SIZE
購入数

【ASSOS/アソス】SKINFOIL NS SUMMER BASE LAYER WHITE(夏用 袖無し)
9,720円(税720円)
プロ選手の要望から生まれた真夏用インナー
オーストラリアや中東で開催される、気温が40℃を超える灼熱のレース経験を経て、
BMCレーシングチームのフィードバックを受けて開発された、真夏用のノースリーブインナー。
気温が30℃を超えた際のレース、トレーニング時に、パフォーマンスの向上を求める方に
お勧めいたします。


湿度の高い日本の真夏にぴったり
記録的な猛暑に見舞われる昨今の日本の夏においては、熱中症対策としてもこのインナーの着用が
有効です。
着用することで体温の上昇を抑えることが出来ます。体質的に暑がりな方や、発汗量の多い方は
是非試してみてください。


メッシュの網目を5倍程大きく
半袖、長袖の夏用スキンフォイルと比較し、ただ袖が無いだけではなく、素材とメッシュの網目の
大きさを変更。ポリプロピレンの配合率を上げ、網目の大きさは5倍程大きくなりました。
インナーを着用すると、素材が伸びることにより網目がグッと広がり、大きな空気のマスが
生まれます。


厚みのある素材には意味がある
ASSOSの真夏用ベースレイヤーは、ヒラヒラ、ペラペラではありません。
意外にしっかりと厚みがあるのが特徴です。この素材の厚み(=嵩丈)が涼しさのポイント!
上に着るジャージと肌の間に、大きな空気の隙間を作り出すことが出来るので、大量に汗を掻いても、
ジャージの生地がベッタリと肌に張り付くことがありません。
また、この太めのポリプロピレン メッシュ素材により、たくさんの汗を吸い上げることが出来、
肌を常にドライな状態に保つのです。


夏のインナーは汗を蓄えるダムの役割
真夏用のベースレイヤーは、さながら汗を蓄えるダムのような存在。
肌面に浮き上がった汗をポリプロピレンの毛細管現象により素早く吸収(=プル)。
そこで汗を一時的に蓄え、風に当たっていることで乾きやすい箇所であるジャージ素材に移行させ、
素早く水分を飛ばすのです。(=プッシュ)


インナーを着た方が涼しく感じられる
アソスは夏でもインナーを着用することを、基本と考えています。
夏用のインナーを着用することで、肌面とジャージの間に空気のベールを作り、
インナーを着用しない場合よりもむしろ、涼しく感じることが出来ます。
また、空気のベールにより、ジャージに移行させた汗の発散も早まります。


サイズ:0(XS〜S)、機M)、供L〜XL)、掘XLG〜TIR)
カラー:WHITE
推奨使用外気温:20℃以上
クライマレンジ:サマー
材質 : 93% PP, 3% PA, 4% EA
生産国:イタリア

スタッフモデルはサイズ機M)を着用(身長175cm/体重59.5kg/胸囲92cm)


この商品を購入する