お客様のカート

【ASSOS / アソス】EQUIPE RS WINTER TIGHTS S9(真冬向け メンズ ビブタイツ)

62,480

暖かさレベル ★★★☆

S9構造の冬用ビブタイツが遂に登場! ハードトレーニングを支える、耐候性、快適性、フィット感、全てが究極レベル!

スイス発祥のブランドだからこそ、アソスのウィンタータイツは、その技術力の高さを感じられる代表的なアイテムです。かつての厳冬向けタイツの最高峰「BOBKA TIGHTS(ボンカタイツ)」のDNAを受け継ぎ、冬用タイツとしては初めて、S9世代の「A-LOCK」構造を取り入れました。冬場もトレーニングを欠かさないコアなサイクリストの為に、最新の防風、保温素材を惜しみなく投入。さらに、エアロフィットと動きやすさを追求したエルゴノミックな構造は、アソスのレーシングスペックに相応しい完璧な仕上がりを見せます。それが、EQUIPE RS WINTER BIB TIGHTS S9 です。


防風 + 保温 のダブルレイヤー構造
冷気を遮断する上部レイヤー 「SPHERE ULTRA」

比類なき防寒性能は、下半身の大部分を覆う、「TWIN DECK」と呼ばれるダブルレイヤー構造によるもの。新開発の防風透湿性素材「SPHERE ULTRAZ」により、腹部から男性器下側まで、また、臀部側面、太腿、膝周りの広範囲に渡り、防風+保温の2重バリアを形成します。真冬のライド中、正面から受ける冷たい風を寄せ付けません。


肌と密着した空気の膜が保温性と快適性を底上げ
ベースとなる起毛素材「OSMOS HEAVY」

脚部、腰回りなど、製品の大部分において最新の裏起毛素材「OSMOS HEAVY」が使われています。これまでのRX系のフリース素材とは異なり、Warp Knitting = 縦編み構造となっているのが特徴。起毛内部の断熱性が非常に高くなっていることに加え、肌に柔らかく、通気性に優れ、快適性を維持することで、パフォーマンス向上に役立ちます。また、生地の外側面がシェルのような役割を果たすこと。従来のフリース素材と比較して、冷気が素材を透過してくる感じが減少しています。


コンプレッションにより、筋肉のサポートと血流を改善し、全身を暖める

新素材「OSMOS HEAVY」のもう一つの特徴が、素材の圧縮感が高く、着用した際に適度なコンプレッションを感じること。これにより筋肉をしっかりと圧迫し、サポートすることでライダーのパフォーマンスを引き出そうという意図があります。また、この適度なコンプレッションにより血液の循環を促し、身体の中からも暖かくすることを考えています。


冬場のトイレ問題にも配慮「BLASEN SCHUTZ」

また、下腹部にも「BLASEN SCHUTZ」と呼ばれる、防風+保温のダブルレイヤー構造になっています。膀胱を冷えから守り、トイレの回数を減らすという意味があります。 また、このダブルレイヤー部分は、デリケートゾーンに当たる、製品内側には縫い目が出ないよう配慮されています。作りの丁寧さをこのディテールからも垣間見るが出来ます。


裾のウォーターバリア素材により、雪解けの路面に最適

裾の部分がウォーターバリア素材に切り替えられていることも大きな特徴です。雪解け水の流れ出ている路面を走り続けるシーンなどで、裾が跳ね上げた水で濡れて冷えない為の工夫です。鉛色のように見えるその素材は、例えるなら、ネオプレーンのようなゴムっぽい素材感ですが、完全な防水性を持つ、日本の素材メーカーが開発した新しいバリア素材です。柔らかく、非常に高い伸縮性があり、強度や耐久性にも優れています。唯一のネガティブな要素は、冬場でも暖かい日ですと、ウォーターバリアの内側が蒸れやすい点です。これには、蒸れを外側へ逃す為に、タイツの裾部分をウィンターブーティの外側に被せて履いていただくことをお勧めいたします。


腰の上部分の RAW CUT 処理で、ストレスの無い着用感をさらに追求

腰の上部分の縁は RAW CUT 処理(=素材を切りっぱなし)となっており、縫い目や段差が無い為、非常にストレスの無い着用感となっております。真冬のアイテムながらも、素材の「薄さ」を感じられる製品となっております。また、背面のサスペンダー部分にはクルマのライトを反射するリフレクターが施されており、暗い時間帯の視認性向上に役立ちます。


 S9世代が到達した異次元のフィット感

ASSOSが新たに提唱する「A-LOCK ENGINEERING」とは、5つの革新的テクノロジーの融合体。S9世代でしか感じることの出来ない、異次元のフィット感をもたらします。

ROLLBAR / ロールバー
レーシングカーのアンチロールバー(スタビライザー)から着想を得た構造。背面のビブストラップは腰骨付近で本体と接合、そこからさらに下部へと延長され、パッドの土台となるパネルと連結します。お尻の下の方から、また、左右幅広の位置からパッドを引き上げるテンションが働き、まるでパッドが身体の一部になったような抜群の安定感。激しい動きにもパッドがズレる心配はありません。

ERGOBOX / エルゴボックス
さらに、ビブストラップが連結する背面下側のパネルは、パッドを支える重要な基礎の役割があります。「ERGO BOX」と呼ばれる四角形の縫合パターンにより、周囲のパネルがよれたり、突っ張ることがない、安定した構造を実現。パッドが適正な位置かズレることがありません。

CARBON Xbib / カーボン エックスビブ
フロント側のビブストラップは、肩に食い込み難い、しなやかな伸縮性に加え、カーボン混合の新素材を採用。これにより優れた速乾性と抗菌性を発揮します。一方、背面のビブストラップ、背中でクロスする下側はテンションが高く、安定してパッドを引き上げる効果を得られます。

EQUIPE RS WINTER INSERT / エキップ RS ウィンター インサート
前作S7のパッドをベースに、更にアップデート。カラーはバサルト(グレー)です。従来のパッドと比較し、インパクトフォームの反発性を改良したことに加え、体重がかかった際にインパクトフォーム自体が左右に潰れて広がらないよう、中央部を繋ぐスタビライザーが施されました。表面のファブリックも肌に優しいソフトタッチに変更しています。夏場のアイテムではないので、パッド前部の通気をさらに促すクレーター(孔)加工は、あえて施していません。


当製品を含めた EQUIPE RS シリーズの製品は、スピードと空力にフォーカスしたアイテム群。従来のレーシングフィットよりもさらにタイトで、コンプレッシブな(=着圧感のある)着用感となっています。着用直後、やや制約的な感覚があるかもしれませんが、乗車し走り出すと、まるでウェアが第2の皮膚となったかのような感覚を得られると思います。サイズ選びに際しては、いつものアソスウェアのサイズをお選びください。タイト感があるからと、大きいサイズを選んでしまいますと、製品の機能が発揮しにくくなります。この点をあらかじめご理解の上、ご着用いただければ幸いです。
※XSサイズ適用のおおよその目安は、身長165cm以下、体重60kg以下。

 

フィット感:レーシングフィット(ややタイトなフィット感)
パッド(インパクトフォーム)の厚み:8mm
材質 : 44% ポリアミド、40% ポリエステル、14% エラスタン、2% ポリプロピレン
生産国:ブルガリア