カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
9/16 ブラック×ブルーラインが入荷しました。2018秋冬はメンズトップス類がミレGTシリーズへ完全移行。ミレ GT ウィンター ジャケットは気温10℃前後において快適な中厚手の防寒ジャケットです。使い始めるタイミングも早く、一冬を通して最も登場頻度が高いジャケット。インナーで暖かさを調整したり、シェルを重ね着して防寒性をアップしたりと、汎用性も高く、これぞ冬の大本命ジャケット。
【ASSOS/アソス】ミレ GT ウィンター ジャケット (6℃〜14℃対応)
36,720円(税2,720円)
各オプションの詳細情報
カラー
サイズ
購入数

【ASSOS/アソス】ミレ GT ウィンター ジャケット (6℃〜14℃対応)
36,720円(税2,720円)
※9/16 ブラック×モノグラムは次便入荷待ち

2018秋冬シーズンはメンズコレクションの一大転換期。
男性用のジャケット類は全て、ミレ GTシリーズとして生まれ変わりました。

ミレ GT シリーズは、比較的お求め易い価格を実現し、ロードバイク初心者の方から、
200km以上のロングライドをこなす上級者の方まで、より多くの方に快適性を共有して
いただけるように開発されました。
アソスが新たなベーシックと位置付けるシリーズです。

ミレ GT ウィンター ジャケットは、その名の通り、冬のライドに欠かせない防寒ジャケットです。
前作 iJ.ハブと比較すると、素材の進化によって、耐風雨性、透湿性が大幅に向上しました。
その中核を担うのは、アソス独自開発の3層構造を持つソフトシェル NEOS(ネオス)。
季節や使用部位によって、5段階に分けられるNEOSシリーズの中から、ウィンターライドに
最適なNEOS ミディアム(耐水圧10M、透湿性14,600g//24h)を、ボディ正面を覆うように
配置しています。
また、腕の外側、肩〜背中の上部に掛けては、薄手のNEOS ライト(耐水圧10M、
透湿性27,000g//24h)を使用することで、より快適さを追求しています。

もう一つベースとなる素材、RXフリースは、優れた体温力と汗の処理能力を持ち、
過度な熱は逃がしやすように、適度なボリュームに抑えています。
ボディ正面はNEOS ミディアムの内側にRXフリースを貼り合わせた2枚仕立て。
冷気の侵入を防ぎ、内臓器官が集中する上半身を温め、血流を促進します。
また、走行風を受けない腕の内側と背面のパネルは、RXフリース1枚仕立てにして、
排熱性を向上させています。

また、RXフリースのもう一つの特徴として、優れた撥水性が挙げられます。
「AWR」 (ASSOS Water Repellent technology) により、霧雨や小雨程度であれば、
生地が水を弾き、濡れによる冷えからも、身体を守ります。

朝のスタート時が5℃前後の低い気温から、日中15℃前後まで上がるような冬の一日は、
このミレ GT ウィンター ジャケットが最も得意とするシーンです。
上半身はアソスの冬用インナー(スキンフォイル)を中に1枚着るだけで大丈夫。
体温を一定に保ち、汗の処理能力に優れていますので、常に快適な状態でライドを
お楽しみいただけます。

バックポケットは「トリプルランプ ポケット」を採用。
簡単に言うとマチのあるポケットなっており、荷物を入れた際に容量を稼ぐことができ、
ウェアが突っ張らないようなっています。
アクセスしやすい適正な位置にポケットを配置。深めでボリュームのあるポケットに
なっています。
ファスナーポケットは存在しませんが、3つ全てのポケットの内側にフラップが付いており
取り出した際に、物が落ちにくい工夫がされています。

バックポケットの両サイドに反射材を配し、後方からの視認性を高め、安全性に配慮しています。


カラー3色 : ブラック×ブルーライン、ブラック×モノグラム、レッド
サイズ : XS〜XLG
材質 : 46% PA, 35% PE, 19%EA
生産国:リトアニア

この商品を購入する