カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
僅か69g(Mサイズ)。極薄・超軽量のウィンドシェルジャケット。熱心なサイクリストならば、必ず持っておくべきアイテムと言っても過言ではありません。極薄の素材からは想像がつかない程の防風性能と暖かさ。一方で、着たまま走り続けてもウェア内に熱気がこもらないよう、高い透湿性も併せ持ちます。また高い撥水性能も持ち、多少の雨ならば浸みることなく使っていただけます。袖の無いベストタイプは、高強度な走りをされる方にお勧め。
【ASSOS/アソス】sV.ブリッツフェーダー シェルベスト EVO7
19,224円(内税)
各オプションの詳細情報
カラー
サイズ
購入数

【ASSOS/アソス】sV.ブリッツフェーダー シェルベスト EVO7
19,224円(内税)
かつてこれほど薄く、軽量なウィンドシェルがあったでしょうか。
アソスの定番ウィンドシェル、ブリッツフェーダー シリーズが次世代にアップデート。
従来品と同じ「ブリッツフェーダー」の名が冠されていますが、中身はまったくの別物となっています。

カラーはこれまでの白色(乳白)のみから、ソリッドな印象のブラックと、より安全性を求める方に向けて、
視認性に優れたセーフティ イエロー 2色での展開となりました。
セーフティ イエローは、強いて言うならば、黄色と緑色の中間のような色合いで、落ち着いたトーンの
蛍光イエローとも表現できるでしょうか。他ではなかなか見られない、独特の色かと思います。
暗いところでは、ジワっと視界に浮かび上がる感じで、周囲から見られます。
ブラック、イエローいずれも余計なデザインは施されておらず、余計なものを全て削ぎ落とした結果残った、
窮極のミニマルアイテムに仕上がっています。

重要なのは、ただ色が変わっただけではなく、より進化した極薄シェル素材 Type 820 素材を採用している点。
従来品のブリッツフェーダー素材 Type 043 でも、充分に薄く軽い素材と感じていたのですが、
新素材 Type 820 を使用した新型ブリッツフェーダーを見た後だと、もはやぶ厚い生地に思えてしまいます。
それくらい、新しい素材は薄く軽量になっています。
また従来品に比べ、透湿性・撥水性共に向上していることも嬉しいポイント。

素材表面の印象も、かなり変わりました。
従来品が「シャカシャカした」印象だったのに対し、新素材は「しっとり、ふんわりした」印象です。
例えて言うなら、少し厚めのラップのような印象でしょうか。
実際に着用して乗車し風を受けても、素材のシャカシャカ・カサカサした音はほとんどありません。
この、乗車時に静かであることも、素材の開発時にこだわったポイントです。

また、しっとり、すべすべした素材内側の印象で、汗ばんだ肌の上にまとっても、ベタベタしにくく感じられます。
シェル特有の風の抵抗を受ける感じが少なく、「ふわり」と風をいなしてくれるような印象です。
もちろん、帯電防止加工が施されていますので、冬場のあの嫌な、腕の産毛が逆立つような静電気の発生も
ありません。


sV.ブリッツフェーダー EVO7は、まさにロードバイク乗りの為のウィンドベスト。
風によるバタつきを最小限に抑える為、身頃はかなり細身に仕立てられています。
袖が無く、脇から常に放熱できるベストは蒸れを感じにくく、高い強度で走り続けても
着用したままでいられます。
春や秋などの季節、アップダウンを繰り返すようなコースを走る際に、最適なパートナーと
なってくれるでしょう。
一緒にアームウォーマーがあると、さらに気温が下がったコンディションにも対応可能です。

極薄で超軽量の素材ながらも、しっかりと風を遮り、一方では蒸れの排出効果にも優れた素材です。
本来、ウィンドベスト(=風対策)として開発されていますので、長時間の雨の侵入を防ぐ
防水効果は備えませんが、ある程度の雨ならば防ぐ撥水効果は持っています。
ライドの途中で雨に降られた際に、小雨程度ならば30〜40分はウェア内への雨の侵入を防ぎます。
何も無いのとは大違いですので、雨、風への保険代わりとして、いつでも携行して下さい。
ブレーカーと比較し、袖の無いベストはさらにコンパクトになります。

背中横部分〜脇下、Sの字状に、黒い部分はメッシュ素材になっています。
製品の生地自体に高い透湿性を持たせていますが、ウェア内の熱を感じやすい部分にメッシュ素材を
配すことで、構造からも蒸れへの対策を行っています。
また、このメッシュ素材は高い伸縮性を持っています。
腕を前に出した際にこの部分が伸縮しますので、タイトな作りながらも、動きやすく工夫されています。

先代のブリッツフェーダーシリーズに施されていた、背中のポケットスリットと、胸部内側の
収納ポケットは廃されました。
すべては軽量化の為。よりシンプルな作りになっています。


カラー : ブラック、セーフティイエロー
サイズ : XS〜XLG
クライマレンジ : 通年
材質 : 95% PA, 5% EA
重量:69g(Mサイズ カタログ値)

※製品を平置きの状態で実測しておりますが、伸縮素材の為、若干の誤差がございます。
 また、乗車姿勢に合わせた立体縫製の為、一般的な衣類とは計測基準が異なりますが、
 お手持ちのウェアと比較していただき、サイズ選びの目安としてください。
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています

  • 【ASSOS/アソス】sJ.ブリッツフェーダー シェルジャケット EVO7
    【ASSOS/アソス】sJ.ブリッツフェーダー シェルジャケット EVO7
    24,408円(内税)
    僅か96g(Mサイズ)。極薄・超軽量のウィンドシェルジャケット。熱心なサイクリストならば、必ず持っておくべきアイテムと言っても過言ではありません。極薄の素材からは想像がつかない程の防風性能と暖かさ。一方で、着たまま走り続けてもウェア内に熱気がこもらないよう、高い透湿性も併せ持ちます。また高い撥水性能も持ち、多少の雨ならば浸みることなく使っていただけます。サイクリストにとって必要な機能を持ち合わせた非常に優れたアイテム。
  • 【ASSOS/アソス】スキンフォイル EVO7 LS.ウィンター(長袖)
    【ASSOS/アソス】スキンフォイル EVO7 LS.ウィンター(長袖)
    SOLD OUT
    寒くなるほどに、ベースレイヤーの重要性が増してきます。現行世代の真冬用のベースレイヤーがこちら。ボディと袖がツートーンになっており、インナーとは思えないスタイリッシュな見え方になっています。シンプルな1枚仕立ての生地ながら、厳冬期向けの確かな暖かさのインナーとなっており、「軽やかながらもしっかりと暖かい。」そんな商品になっています。最も保温効果の高いウィンターは、首元の作りがやや高くなっています。男女兼用。外気温5℃前後での使用がお勧め。
  • 【ASSOS/アソス】スキンフォイル EVO7 LS.スプリング/フォール(長袖)
    【ASSOS/アソス】スキンフォイル EVO7 LS.スプリング/フォール(長袖)
    SOLD OUT
    春秋に最適な薄手の長袖インナー。年間を通して出番の多いインナーです。EVO7へと進化し、非常に薄く、軽くなりました。色は黒色のみ。男女兼用。