17時のご注文分まで当日発送いたします。
お客様のカート

新商品【SMITH / スミス】EXPRESS MIPS matte cloud grey(テールライト付 シティサイクル / ロードバイク用 ヘルメット)

15,950

SMITH 待望のシティサイクル向け アーバンヘルメットが EXPRESS MIPS

EXPRESS(エクスプレス)MIPS は、スミス待望のシティサイクル向け、アーバンヘルメットとして2021シーズンより新登場のニューモデル。世界的なコロナウィルスの流行の中、バイシクルコミュート(自転車通勤)をされる方が増えていますが、ヘルメット装着率の低さが各国で問題となっています。そんな中 SMITH 社は、買い求めやすい価格ながら安全で、何よりもスタイリッシュな製品を出すことで、多くのサイクリストに手にとってもらい、彼らの安全を守りたいという願いを込め、EXPRESS MIPS を開発しました。
 

スノーヘルメットをベースとした、カジュアルな外観

ロードバイク専用ヘルメットと異なり、カジュアルな普段着の装いに合わせた際にも違和感がない形状を求めた時に、SMITH はスキー / スノーボード用のヘルメットにそのヒントを見出しました。後頭部まで深く覆うことが出来る、シンプルでミニマルなスノーモデルの形状をベースに、サイクル用に各所をアレンジ。その結果、一般的なサイクル用ヘルメットの外観とは完全に一線を画す、スポーティ過ぎないスタイリッシュな外観のサイクルヘルメットが生まれました。これにより、ジャケットやシャツスタイルに着用した場合でも違和感がなく、オフィス街やカフェなどでも自然に溶け込みます。


深い被りだが、ロードモデルよりもより日本人に合いやすい内部形状

実際に被ってみた印象は、SMITH のロードモデルヘルメットと比べて被りが深く、特に後頭部付近はしっかりと覆われている安心感を感じます。個人差もあるかとは思いますが、TRACE、NETWORK に比べて、より日本人の丸型の頭部形状にも合いやすいのではないでしょうか。よくありがちな、海外ブランド特有の縦長丸形状ではありません。

見た目に反し、意外と軽量330g(Mサイズ カタログ値)

この手のシティサイクル向け アーバンモデルのヘルメットは、実際に手に取ると「ずっしり」と重さを感じることがままありますが、SMITH の EXPRESS は、見た目に反して拍子抜けするくらい軽いのが特徴。ロードモデル NETWORK などとそれほど大差ない重量に仕上がっています。

 

後頭部に埋め込むタイプのテールライトが標準装備

SMITH EXPRESS のさらに素晴らしい点は、後頭部に設けられたベントホールに埋め込んで使用することが出来るテールライトが標準装備されていること。通勤帰宅時など夜間のライドの際に、ヘルメットの後部付近にテールライトを取り付けることは、後方への車両に対して最も視認性を高めることが出来る手段です。

このテールライトは、当ヘルメット向けの専用設計で、後頭部中央のベントホールに合わせた形状となっています。外周をラバーモールドに覆われたライトを、穴に抜き差しするだけで、簡単にライトを取り外したり付けたりすることが可能です。ライトが不要な際は取り外してご使用いただけます。ライト自体の重量は27g(実測値)です。また、シンプルなボタン電池式を採用していますので、簡単に電池交換が可能となっています。

 

ソフトバイザーの装着が可能

EXPRESS には、ベルクロで着脱可能なソフトバイザー(つば)が付属しています。つばがあることで、目に直接入る陽射しを防ぎ、風の巻き込みを軽減することが出来ます。また何よりも見た目のスタイリッシュさがUP!お好みでご使用くだい。

 

MIPS Technology により、万一の際の衝撃を分散

SMITH の上位モデルに採用されている衝撃吸収の為の素材 Koroyd こそ使われていませんが、SMITH はヘルメットの安全基準が非常に高いアメリカのブランドですので、当たり前のように高い安全性を有しています。(アメリカの安全基準CPSC 適合。)

加えて、MIPS(ミップス)Technology により、万一の際の安全性をより高めています。MIPS とは、ヘルメット本体と使用者の頭の間に可動式ライナーを入れることにより、転倒時に斜め方向の衝撃に対して、外部のシェルと内部のライナーが微量に可動することで、脳へのダメージを分散・軽減させる技術です。

13箇所のベントホール

アーバンヘルメットとして相応しい見た目から、ロードモデルのような露骨なスケルトン感はありませんが、EXPRESS には計13箇所のベントホールが設けられており、ヘルメットの内部の熱気の排出にも配慮しています。とりわけヘルメット外側から見えるホールは、小さめのスリット状になっているのに対し、ヘルメット内側のホールは大きく肉抜きされており、見た目と実用性のバランスを上手くとっています。


アーバンモデルながらしっかりとダイヤルで調節出来る

後頭部付近下部に設けられた「Adjustable Dial 」により細かなフィット感の調整が可能です。上位モデルと遜色のない調節幅を有しています。

 

サイズ:S(51 - 55cm)、M(55 - 59cm)、L(59 - 62 cm)
重量:M(330g)※カタログ値
アメリカの安全基準CPSC、EUの安全基準 CE EN-1078 適合