お客様のカート

【ASSOS / アソス】EQUIPE RS AERO SS JERSEY prof. black(メンズ 半袖ジャージ)

26,400

人気のエアロジャージに prof. Blackが追加

prof.BLACK の prof とは「professional」の略。プロチームに所属する選手たちが、契約ブランド以外の機材やウェアを使用することはご法度。しかし、それは表向きの話。実際のレース現場では、チームから支給される機材やウェアでは満足できない選手たちが、契約違反のペナルティに怯えながら、ブランドのロゴを貼り換え、自分たちが本当に信頼のおける物を自費購入で使用していることは周知の事実です。

「prof.BLACK」シリーズは、選手たちが契約ブランドの目を気にせず使用できるように、そんな意味を込めて作られた、ASSOSのブランドロゴを隠したステルス仕様です。
自社のロゴやデザインを消した「真っ黒な」製品というのは、製品の機能に絶対的な自信があるからこそ。ブランドのイメージで選ぶか? 本当に良い物だから手に入れるのか?いずれにしても、ASSOSファンを魅了する特別な製品であることに違いありません。

ベースとなっているのは、シリアスライダー向けに開発された EQUIPE RS AERO SS JERSEY。SS.エキップ EVO8 をベースに、より精密なパターンで再構築され、エアロ効果、快適性をアップグレード。
「prof.BLACK」シリーズの為に特別にあつらえられたファスナーは、スライダーからエレメントまで、鈍い光沢を放つ金属のような質感。
また、バックポケットの開口部からチラリと覗く赤い裏地は、見えない部分にもこだわるASSOSらしい演出。全体として、ものすごく高級感が溢れるジャージに仕上がっています。 

最新の素材とパターンを採用したエアロジャージ

エキップRS エアロ SS ジャージは、かつての製品 SS.エキップ EVO8 をベースに、より精密なパターンで再構築され、エアロ効果、快適性をアップグレード。背中のセンターラインと、中に刻まれた『EQUIPE RS』の文字がストイックな雰囲気を演出。妥協の無い製品つくりと相まって、ASSOSファンを魅了するジャージに仕上がりました。

ボディラインに生地が密着

より少ない空気抵抗の為に、タイトに仕立てられた袖は実に秀逸な作りです。外側はボディと同じ素材、内側をなめらかな極薄素材に切り替え、袖口をレーザーカットの切りっぱなしにすることで、二の腕を締め付けることなく、肌に吸い付く絶妙なフィット感を得ることが出来ます。

背中側は深い前傾姿勢をサポートする為、バックポケットに軽量で柔軟性の高い素材を採用。中央のポケットには、背中のセンターラインと繋がる位置に、パンチング加工されたテープを配置することで、常に安定したフィット感を保ちます。

現行ジャージの中で最も涼しい素材と作り

タイムトライアル用クロノスーツの開発によって培われた技術が随所に盛り込まれています。新素材 Type.176 は、非常に薄くて伸縮性の高い素材。ラップのような張り感がありつつも、柔らかい生地がピッタリと身体に密着することで、風の抵抗を減らします。素材表面は、例えるならばメロンの皮の表面のようになっており、これは伸縮性と速乾性を高める為、表面積を増す為の工夫。3D構造の極みと言ってもいいでしょう。

背中パネルは Type 220 素材を使用。この素材は現在のアソスの背中用素材としての完成形の素材です。通気、吸水、速乾に優れ、一見透けて見えるような極薄ながら、紫外線カットの作用もきちんと併せ持ちます。また、生地の無駄な伸縮を抑え、荷物をバックポケットに入れた際にも安定します。

クロノスーツを彷彿とさせる箇所は、首や袖のカッティングにも現れます。襟が存在せず、浅めのVシェイプの首のライン。日焼けの気になる首の裏部分のみ、柔らかい生地を少々高めにし、夏場の強い陽射しから肌を守ります。
ファスナーを最上部まで閉めた際は、まるでクロノスーツのように、ぴったりと襟元が閉じるようにパターンが工夫されています。それでいて窮屈さはまったくありません。襟元にはスタビライザーが施され、片手でもファスナーを首元まで上げやすいように工夫がされています。

シームを減らす為の工夫

いずれの箇所もエアロダイナミクスの為、縫うのではなく、シール加工が施されています。正面裾の折り返し部分、正面のファスナーの取り付けもシール加工にて行われています。また、製品内部、首の裏側の生産国/サイズ表示のタグが存在していないのも、実に好印象です。

バックポケットは「トリプルランプ ポケット」を採用。簡単に言うとマチのあるポケットなっており、荷物を入れた際に容量を稼ぐことができ、ウェアが突っ張らない構造です。アクセスしやすい適正な位置に配置され、深めでボリュームのあるポケットになっています。軽量化の為、ファスナーポケットは排除されています。

基本的には、その他の多くの半袖ジャージ同様、時期に合わせたスキンフォイル インナーとの組み合わせ使用をお勧めしますが、真夏はお好みでスキンフォイルを排除しても、それほど快適性は落ちないと、メーカー担当者の談話です。

フィット感:エアロフィット(身体に密着するフィット)
材質 : 60% ポリエステル、 27% ポリアミド、13% エラスタン
生産国:リトアニア