毎週火・水曜日は定休日の為、商品の発送が出来ません。
ご注文の商品は23日(木)に発送いたします。お受け取り日にご注意ください。
お客様のカート

【ASSOS / アソス】ULTRAZ WINTER LS SKIN LAYER(真冬〜厳冬向け メンズ 長袖インナー)

19,800

※初回使用時、新品のウール素材と汗の馴染みがやや悪い印象がありますので、ご使用の前に一度洗濯をしてから着用されることをお勧めします。使用感が良くなります。

新たな素材と製法で、これまで以上の快適性を目指す

2020年 秋冬シーズン、アソスのベースレイヤーは、素材・製法を一から見直し、あらゆる性能において、従来のSKIN FOIL(スキンフォイル)よりもワンランク上のステージへ突入しました。新シリーズ SKIN LAYER(スキンレイヤー)の誕生です。

肌と触れる最初の層、つまり、ベースレイヤーこそ代謝機能を整える最重要アイテムとして、いつの時代も素材開発に余念がないアソス。その最新の答えが、速乾性と抗菌作用に優れた独自のカーボンファイバー混紡繊維の採用。そして、サーキュラーシームレス製法によってチューブ状に編み込まれたボディは、均一なテンションで肌に馴染むようにフィットします。


秘密は凹凸構造のボーダーラインにあり

全体に施された細かいボーダーラインは、よく見ると立体的な凹凸構造になっており、肌と密着した部分が汗の処理を促進しつつ、肌から少し離れた部分に空気の断熱層を形成して、いかなる条件でもドライかつ快適に感じることができるようになりました。


カーボンファイバーによる3つの得
「軽さ」・「耐久性」・「抗菌作用」

製法の見直しによる恩恵はそれだけにとどまらず、カーボンファイバーを織り込むことで、耐久性を損なうことなく、前作よりも10%の軽量化を果たしました。まるで羽毛のようにフワッとした軽やかさは、他のベースレイヤーを寄せ付けません。また、カーボンファイバーの抗菌作用により、匂いの原因となるバクテリアの発生を抑える働きがあります。


アソス史上初、ウールが30%配合された真冬用ベースレイヤー

新 SKIN LAYER シリーズの中で、最も寒い時期に向けて開発された製品が ULTRAZ WINTER LS SKIN LAYER。歴代アソスのベースレイヤーにおいて、初めてウール素材が使用されているのが特徴です。全体の30%を占めるウールが、化繊の隙間を埋めるように配合され、他の2種類の長袖ベースレイヤー(スプリング フォール、ウィンター)と比較し、保温性の向上と共に、繊維内への冷気の侵入を防ぐ効果も高くなっています。

冬場のサイクリングにおいて、ベースレイヤーは体を守る重要なアイテムのひとつ。冬の走行中に浴びる風は、体温を奪い、掻いた汗を瞬く間に冷やします。 ULTRAZ WINTER LS SKIN LAYER は、そんな悪条件が重なる厳冬期向けに調整され、ポリプロピレンとウールをブレンドしたニット地で構成されています。

 

「ウール」と「化繊」の良いとこ取り

一桁の外気温下において適切な体温を保ちながら、掻いた汗(水分)はスムーズに、ベースレイヤーの上に着ている衣類へと移行させます。ウールの長所は、優しい肌触りや心地良い暖かさに加え、汗を掻いても冷たく感じにくい性質。一方、化繊の長所は、素材の軽さと素早い水分移行のスピード。

汗を掻いて冷たい風に晒されるサイクリングにおいては、この水分移行のスピードがとても大切になってきます。ULTRAZ WINTER LS SKIN LAYER は、「ウール+化繊」のハイブリッド素材で、両素材の美味しいところを引き出そうという意欲的な製品なのです。

優しい着心地で、決してオーバースペックではない

「ウルトラ ウィンター」という幾分大袈裟な製品名から、過剰な暖かさを連想される方も多いかもしれませんが、実際の製品は関東近郊の真冬(1月上旬〜2月下旬)にちょうど良い暖かさとお考えください。かつて存在した、前身頃が二重素材で構成されたような「ウィンタープラス」相当の、過剰なほどの暖かさではありません。

また、これまでの真冬用ベースレイヤーと比較し、相当着心地が軽やかになっているのが特徴です。素材の厚みや締め付け感から解放され、冬場のウェアがどんどん軽やかになっていることを感じさせてくれる、象徴的なアイテムかと思います。


外気温3℃以下の環境で「ウィンター」との暖かさの差が顕著に現れる

スタッフ相原が毎日のようにスキンレイヤー「ウルトラウィンター」と「ウィンター」を使い比べていて感じるのが、外気温が3℃を下回った環境では、「ウィンター」はだいぶスースーした感じが出てくるのに対し、「ウルトラウィンター」は0℃を下回っても尚スースーした感じが出ず、じんわり暖かいという点です。

メーカーが言う「ウルトラウィンター」の推奨外気温 -4℃〜8℃ は、決して大袈裟ではなく、実態に近いのかと感じています。スタート時の外気温が0℃を下回ったり、日中でも5〜6℃までしか気温が上がらないような寒い日のライドには、こちらの「ウルトラウィンター」スキンレイヤーをお勧めいたします。
 

セミ ハイネックにより内臓を冷やさない効果も

首の長さのおおよそ 2/5 程度を覆うセミ ハイネックが意外と効果的で、首元を外気に晒さないことで、身体を巡る血流を冷やさず、身体のエンジンである心臓を守ってくれる効果があります。一方で、首が高過ぎないのでヒートアップしにくく、ハイネックが苦手な方も、気になりにくいよう考えられています。

 

男女別々のサイズ展開 & シルエットを採用

従来アソスのベースレイヤーはユニセックスの展開でしたが、SKIN LAYERシリーズから、男女別々のサイズ展開となりました。また、男女の骨格の違いを考慮して、メンズは肩の切り替えが直線的なボックスシルエットを採用。レディースは肩に丸みを帯びたラグランスリーブを採用しています。素材の伸縮性が非常に高いので、タイトフィットがお好みの方は、メーカー推奨よりも小さめのサイズをお勧めいたします。

 

材質 : 50% ポリプロピレン、31% ウール、10% ポリアミド、6% エラスタン、3% カーボンファイバー
重量:165g(1サイズ 実測値)
生産国:イタリア