お客様のカート

SALE【ASSOS / アソス】TRIATOR NS SPEEDSUIT(トライアスロン向け エアロワンピース)

29,700 64,790

※セール品につき不良の場合を除き、キャンセル及び返品・交換は不可となります。
※残り M×2、L×1

「海と大地を制する」 究極のトライスーツ

輝く宝石をイメージした鮮やかなブルーのワンピース、その正体は、世界のトップ トライアスリートのリクエストに応え、アソスが開発した超本気のトライスーツです。もともとは、2020 東京オリンピックに向けて、自国スイスの代表選手の為に開発された秘密兵器。この度、一般のユーザーにも開放され、「TRIATOR NS SPEEDSUIT」としてデビューを果たしました。

 

上体の開放感とサポート力を両立

大胆に開いた首元とアームホール、腹部の上下で切り替わるV字型のカットパネルは、スイム、バイク、ランの3種目全てにおいて最適化が図られた構造です。第2の肌のようにフィットして、どんな動きも制限することなく、また、体幹のブレを抑えることで長時間のパフォーマンスをサポートします。


空気の壁をすり抜ける「キューブ テキスタイル」

上半身を構成する大部分に、ロードバイクのタイムトライアル用ワンピースから生まれた新素材 Cube Textile(キューブ テキスタイル)が使われています。乾いた感じの”カサっとした”風合いが特徴的です。素材の表面はサイコロが積み重なったような独特の織り柄となっており、超極薄・超軽量ながら、非常に高い伸縮性を持ち、360度あらゆる方向に均一に伸び縮みします。この素材により、上半身セクションの空気の流れが、綺麗に(スムーズに)なるとの研究結果が出ています。

 

持久系ハムストリングをサポート

腰から下のショーツ部分には、Type.701 コンプレッサー と呼ばれる、張り感の強い素材が使われています。臀部〜大腿部に掛けて、適度なコンプレッションを効かせることで、主に持久系のハムストリング群の収縮をサポートします。また、アソス最新のS9世代の構造を取り入れ、縫い目の少ないバタフライパターンを採用、パッドを安定させるエルゴボックスデザインを踏襲しつつ、トライアスロンに最適化された小振りなパッドが搭載されています。


肌に優しいフラットな裾

裾の処理は縫い合わせではなく、生地が折り重なっている内側をボンディング(糊付け)してある状態です。縫い代が存在していないので、素材本来の伸縮性を活かした快適なフィット感を得られると同時に、余計な段差を無くすことで空気抵抗を最小限に抑えました。また、裏面を見てみると、裾のずり上がり防止として、極薄のシリコンシールをドット状に配置。裏面もほぼフラットな状態で、肌への食い込みがほとんどありません。 


乾きやすく、走りやすい、最適軽量パッド

 アソス初となるトライスーツでは、スイム・バイク・ランの3種目に最適化されたパッド「TRIATOR インサート」も開発されました。ロードバイク向けのパッドと比較して、クッションフォームのボリュームを抑え、特に先端部を薄くすることで、ランニング時に邪魔にならない工夫がされています。(パッドの厚み:先端=4mm、後方=6mm)

ボリュームレスなパッドは、スイム直後に水を含んで重くなることを防ぎ、また、パッド内部に設けられた3Dワッフル層が通気性を高め、乾きが非常に早いという点でも優れています。


スマートに補給食を運ぶ「デュアルポケット」

補給の為のエナジーバーやジェルを忍ばせておくのに便利なポケットが2箇所、バイクやランの際にアクセスしやすよう、腰の後ろの両サイドに配置されています。ポケットには伸縮性のフラップ(蓋)が被せてあり、中身が飛び出さないように、また、ポケットに物を入れた状態でもすっきりとしたシルエットを保ちます。


着たままでトイレのピットインが可能

このTRIATOR NS SPEEDSUIT」では、厄介な競技中のおトイレ問題にも一工夫。表面上は全くわからないのですが、股間のパネルは上下に分割され、フラップ状に重ねて配置してあります。小用を足す際はフラップをめくり上げて、ささっと済ませてしまうことが可能。タイム短縮に大いに貢献してくれる構造です。


フィット感:レーシングフィット(ややタイトなフィット感)
パッドの厚み:先端=4mm、後方=6mm
材質 : 55% ポリアミド、17% ポリエステル、28% エラスタン
生産国:チュニジア