17時のご注文分まで当日発送いたします。
お客様のカート

【ASSOS / アソス】MILLE GT BIB SHORTS - GTO C2 flamme d'Or スタンダード丈(メンズ ビブショーツ)

49,280

サドルの上で味わう最高の贅沢、アソス随一のロングライド向けビブショーツが登場!

「LUSSO OMOLOGATO」= 直訳すると、「承認された贅沢」という意味。その称号が与えられたということは、アソスのビブショーツの中でも、ロングライド向けの最上位グレードを受け継いだ証です。

2021年夏、7年の開発期間を経て新たに登場した MILLE GT BIB SHORTS - GTO C2 は、ウルトラロングディスタンスをターゲットとしたビブショーツの正統な後継モデルです。パッドのクッション性、快適なフィット感、エアロダイナミズム、軽量性、通気性、あらゆる性能を極めた先にあるもの、それが、MILLE GT BIB SHORTS - GTO C2 です。


硬いサドルも、荒れた路面も消える 21mm厚のパッド

MILLE GT BIB SHORTS - GTO C2(以下、GTO)を履けば最高の贅沢を味わえる。その大きな理由として、厚み = 21mmというハイボリュームクッションを内蔵する新型パッドが挙げられます。TWIN 21 システム と名付けられたパッド、その核心部は性質の異なる2種類のクッションフォームを組み合わせた2層構造になっています。

まずベースとなるのは、サドルに近い方に配置された、厚み = 11mm の低反発フォーム。ライダーの骨格・サドルの形状に応じて、圧力を分散させる最適な座面を形成してくれます。さらにお尻に近い上層部には、厚み = 10mm の3Dメッシュ構造を持つフィルターを配置することで、路面から伝わる微振動を減衰させる効果を発揮。また、ライダーの体重が掛かった状態でも内部にオープンな隙間を保つことが出来ることから、通気性が非常に良、パッド内部に汗が溜まるのを抑えます。


新型パッドで下腹部がすっきり

2021シーズンより、上位グレードのパッドに追加された新構造 SUNDECK(サンデッキ)にも注目。パッド表皮の前側(ちょうど男性器と触れる部分)を短くカットして、代わりに、吸湿性に優れた素材を配置することで、蒸れやすい股間を常にサラッとした状態に保ちます。また、非常に薄く、ソフトな素材感のおかげで、股間を圧迫することなく立体的にサポート。サドル先端付近で生地のもたつきがなく、よりスムーズなペダリングを可能にしました。


快適性を追求した贅沢パッド

もちろん、アソスパッドの代名詞とも言える構造「ゴールデンゲート」を採用しています。パッドの両サイドを浮かせることで、身体との一体感・追従性を高めています。その他にも、パッド前方に設けられた通気孔により股間の蒸れを防ぐ他、 パッド内部をハニカム構造にすることで通気性を高め、軽量化にも寄与するなど、快適性を重視した技術が贅沢に盛り込まれています。

 

下腹部にソフトなフィット感の新素材

フロントに配置された LOSANGA(ロサンガ)も GTO の為に開発された素材の一つ。菱形にクロスした模様を持つパネルは、非常にしなやかな伸縮性が特徴で、腹部の圧迫は最小限に、高いフィット感を誇ります。
また、高い通気性によってウェア内の汗蒸れを解放して、下腹部をドライで涼しく保ちます。

また、 LOSANGA(ロサンガ)の両サイドに施されたステッチは、生地の余分なタルミ・シワを無くし、肌との密着状態を保ちます。これにより、ペダリングによる摩擦の発生を抑え、長時間、長距離のライドでも肌ストレスを与えません。


疲労を軽減する主素材 OSSIDIA(オシディア)

ショーツ部分に使われている素材 OSSIDIA(オシディア)は、一般的なライクラ生地と比較して、繊維間の結合が強く、安定したホールド力を発揮します。大腿部の筋肉の収縮をサポートして、疲労を軽減させる効果があります。


シルクのように滑らかな肌触り

主素材 OSSIDIA(オシディア)のもう一つの特徴、それが、非常に滑らかな肌触り。微かな光沢を湛えた“深い黒”は、見た目にも繊維のキメ細かさが伝わってきます。肌の上をすべるような感覚で、履いた直後にもシワやヨレを気にすることもなく、水が高いところから低いところへ流れるように、自然と体の形に収まってくれる感じです。

ついに裾バンドの排除に成功

GTOでは裾の処理も見逃せません。一般的な伸縮性のゴム製バンドを排除して、その代わりに、裾の周りをぐるっと一周、5mmくらいの幅で、素材 OSSIDIA が内側に折り返されています。処理としては、縫い合わせではなく、生地が折り重なっている内側をボンディング(糊付け)してある状態。縫い代が存在していないので、素材本来の伸縮性を活かしたマイルドなフィット感を堪能していただけます。

また、裏面を見てみると、裾のずり上がり防止として、極薄のシリコンシールをドット状に配置。裏面もほぼフラットな状態で、肌への食い込みがほとんどありません。

 

夏の暑さ・日差し対策としても

主素材 OSSIDIA(オシディア)は、従来よりも吸汗速乾性を高めていること、また、UVカット効果は最大のUPF 50+ を有している点も見逃せません。新素材には抗菌処理が施され、匂いの原因となるバクテリアの繁殖を抑える効果もあります。

 

異次元のフィット感をもたらす「A-Lock Engineering」

A-Lock Engineering とは、快適性とパフォーマンスを向上を目指した、いくつもの機能的要素の融合体。アソスのS9世代ビブショーツが提唱する“異次元のフィット感”を体感していただけます。

① superFlat Xbib / スーパーフラット エックスビブ
上半身の前側に掛かるストラップは、肩や胸への食い込みを抑えたしなやかな伸縮性が特徴です。一方、背中でクロスした下側のストラップは、より高いテンションを持たせることで、パッドがお尻に吸い付くような安定したフィット感を実現。また、背中を大胆に解放することで、より涼しく感じられ、夏場の暑さ対策としても非常に有効です。

② ergoBox / エルゴボックス
パッドを擁するお尻のパネルは、ergoBox と名付けられ、周囲を四角形に縫い合わせることで従来よりも安定した構造を実現しました。ダンシングやスプリントなどの激しい動きにも、パネルがよれたり、浮いたりすることがなく、パッドを常に適正な位置に保ちます。

③ Butterfly Pattern / バタフライパターン

本体部分はたった2枚のパネルによって構成されています。蝶が羽を広げたような大きなパネルは、腰の後ろから太腿部を巻き込み、正面下腹部の小さいパネルと結合します。前作より縫い目が30%削減されたことで、素材の柔軟性そのままの心地良いフィット感の実現。軽量化にも大きく寄与しています。

④ rollBar / ロールバー
レーシングカーのアンチロールバー(スタビライザー)から着想を得た構造。背面のストラップは腰の上端部で本体と接合、そこからさらに下側へと延長されて、パッドの土台となるパネル ergoBox と連結します。それにより、パッドを下から持ち上げるような力が働き、お尻との一体感が高まります。また、パッドの両サイドからテンションを補正することで、追従性を高める働きがあり、パッドが体の中心からズレる心配がありません。


※本来メーカーは裾丈の長さの違いによる2種類をラインナップしています。一つは通常のアソスのビブショーツと同じスタンダード丈。もう一つは裾丈が一般的なものよりも3cm長いロング丈。

ロング丈は大多数の日本人が、膝がしらにまで掛かってしまうような長さで、裾のグリップは甘くなり、日焼け跡も一致しないという結果になりがちです。当店では日本人の多くの方にフィットしやすいスタンダード丈のみを取り扱っています。

 

フィット感:快適性を重視したエアロフィット
超ロングライド向け2層パッド:21mm(= 11mm + 10mm)
裾の長さ スタンダード:通常のアソスのビブショーツと同じ長さ
材質 : 76% ポリアミド、4% ポリエステル、20% エラスタン
生産国:ブルガリア