お客様のカート

【ASSOS / アソス】EQUIPE R HABU WINTER JACKET S9 black(真冬向け メンズ エアロフィット ウィンタージャケット)

64,790

※XLサイズは完売。

暖かさレベル ★★★☆

過保護な暖かさは不要、まるで日本の冬をターゲットにしたとしか思えない切れ味抜群のウィンタージャケット

2022年秋冬シーズン最大のトピックの一つがこちら。かつて薄くてもしっかり防寒性が高いジャケットとして名を馳せた「iJ.HABU」。その名を受け継ぎ、最新のマテリアルをベースにして完全に再構築されたニュータイプ HABU(ハブ)、それが「EQUIPE R HABU WINTER JACKET S9」です。

目指したのは「ライドにオーバーヒートせず、かつ、快適な暖かさをキープする」こと。簡単なことのようで、実はロードバイクの冬用ジャケットでは一番難しいことかもしれません。基本を大切にした作りは、 3レイヤーの防風耐水透湿性素材「AIR BLOCK 888」が冷気の侵入を防ぎ、同時に体から出た汗蒸れを排出。内側の断熱層が体温を一定にコントロールします。断熱性、快適性、エアロフィットが高次元で融合した真冬のトレーニングに最適なジャケットです。

軽やかなレーシングフィット

「EQUIPE R HABU WINTER JACKET S9」 に袖を通して驚くのは、フワッとした軽さとしなやかな着心地です。アソスの主力レーシングジャージ「EQUIPE RS」をベースとした、緻密にシェイプされたエアロフォルムを再現しています。生地のボリュームは最小限に抑え、袖口を切りっぱなしにするなど、エアロ効果と快適性を追求した工夫が随所に施されています。
 

ジグザグ模様が進化の証「AIR BLOCK 888」

注目すべきは、表面のジグザグ模様が独特な質感のボディ素材。2022年秋冬コレクションを支える最新の 3レイヤー 透湿防水性素材「AIR BLOCK 888」が使われています。走行中に受ける冷気を完全にシャットアウト。同時に優れた透湿性により体から出た汗蒸れを素早く排出して快適さをキープします。また、小雨や濡れた路面からの跳ね上げ程度であれば素材表面が弾いてくれるので、天候の読みにくい日のライドにも安心です。

薄くても快適な暖かさを保つ twinDeck(二層構造)

ボディ表面のパネル「AIR BLOCK 888」の裏地には、さらっとした質感のソフトインサレーションFIAMMA」を配置。この2種類の素材を組み合わせた「twinDeck」= 二層構造が空気のバリアを形成して体幹部を冷えから守ります。また、FIAMMA」は吸汗速乾性にも優れた素材。ウェア内部に汗を残さず、汗冷えを防ぎ、常にドライで心地良い暖かさに包まれた状態を保ちます。

首元に優しくフィットする3D構造の襟

「struzzoKragen」と名付けら得た襟の部分は、より軽く、肌着のようにソフトな断熱素材を使用、そして、首回りが窮屈に感じにくい3D構造が特徴です。ミドルハイネックの襟が首元から胸部までをふんわりと暖め、冷たい風から気管支を守ります。寒い日はネックウォーマーを併用していただくとより効果的ですが、その際、ネックウォーマーが襟の内側にスッキリと収まるように計算されたカタチになっています。

気が利いている「アクセサリーポケット」

アソスらしいギミックのひとつが左の「みぞおち」付近に設けられたアクセサリーポケット。冬場もしっかり走る人こそ、このポケットの意味をすぐに理解していただけるでしょう。重ね付けするタイプのインナーグローブやシェルグローブなど、使わない時に収納しておくのに非常に便利です。場所的に背中のバックポケットよりもアクセスしやすいのもポイント。エナジーバーなどの補給食や小銭など、いざという時にさっと取り出すことが可能です。また、フラップ付きの伸縮素材で覆われているので、中身が飛び出したり、揺さぶられる心配もありません。

 

この製品のブログ記事を読む。

 

フィット感:レーシングフィット
材質 : 63% ポリアミド、23% ポリエステル、14% エラスタン
生産国:チュニジア