カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
2020春夏“LIMITED EDITION”もこれで最後。ダイヤモンドの語源Adamas/アダマス=『何者にも征服されない』テーマにした野心的なデザイン。ASSOSモノグラムに、ブリリアントカットを連想される三角形を重ね合わせ、さらに、繊細な色彩感覚をによって、全く新しい、煌びやかなジャージが誕生しました。その名も『ダイアモンド クレージー SS ジャージ』。 同デザインの男性用ジャージが3色、女性用ジャージが2色ラインナップ。1回限りの小ロット生産の為、無くなり次第終了となります。
【ASSOS/アソス】DIAMOND CRAZY SS JERSEY SOLITAIRE RED(男性用 ピンク×パープル)LIMITED EDITION
19,800円(税1,800円)
各オプションの詳細情報
SIZE

【ASSOS/アソス】DIAMOND CRAZY SS JERSEY SOLITAIRE RED(男性用 ピンク×パープル)LIMITED EDITION

19,800円(税1,800円)
※全サイズ 完売いたしました。

テーマは『何者にも征服されない』
2020春夏シーズンの“LIMITED EDITION”もこれが最後。
「私がデザインしたASSOSモノグラムに、ダイアモンドの輝きをミックス出来ないだろうか?」
ダイヤモンドという名前は、地球上で最も硬い天然物質であることから、ギリシャ語のAdamas(アダマス)
=『何者にも征服されない』に由来しています。
そのエッセンスをASSOSのジャージで表現したい。
ASSOS創業家のニ代目であり、デザイン部門の統括責任者でもある ローチ・マイヤー氏の熱意が、
そんな素敵な企みを実現させました。
ダイヤモンドのブリリアントカットを連想させる三角形。それをASSOSのモノグラムパターンに重ね合わせ、
さらに、繊細な色彩感覚によって、全く新しい、煌びやかな総柄パターンのジャージが誕生しました。
その名も『DIAMOND CRAZY SS JERSEY / ダイアモンド クレージー SS ジャージ』。


長く愛される普遍的なデザイン
ダイアモンドが宝石として注目されるようになったのは、研磨技術が発達してきた14世紀以降。
ダイヤモンドの永遠の輝きを決定づけたのは1919年、宝石加工の名門、ベルギーのトルコウスキー家の
一員であり、数学者でもあったマルセル・トルコフスキーの手によって、ダイヤモンドの反射・屈折率から、
最も美しく輝くカットが導き出されました。それが、“アイデアル・ラウンドブリリアントカット”です。
以来、100年以上経っても、この“アイデアル・ラウンドブリリアントカット”を超える美しいカットは
存在していません。

この DIAMOND CRAZY SS JERSEY のデザインは、ASSOS創業家のローチ・マイヤー氏、
宝石加工の名門トルコウスキー家のマルセル・トルコフスキー。
二人の天才による、時空を超えた合作と言えるかもしれません。

同デザインの男性用ジャージ、女性用ジャージが別々に登場。
カラーは男性用が3色展開、女性用が2色展開。
どれも1回限りの小ロット生産につき、無くなり次第終了となります。



どなたも着やすいレギュラーフィット
フィット感はレーシングフィットよりも少し余裕のあるレギュラーフィットを採用。
快適さとエアロ効果の両立を図った、多くの方にとって心地良く感じていただけるフィット感です。
高い伸縮性を誇る主素材Type.112 Dual Texは、前傾姿勢でも窮屈な締め付け感は無く、
優しく包み込むようにフィットします。
また、速乾性、吸汗性に優れた素材が不快さを軽減し、パフォーマンスの向上に役立ちます。


シームレスな袖口の作りが非常に快適
肩から袖の素材はフラットで伸縮性に飛んだ素材に切り替わっており、「LOW CUT」処理、
切りっぱなしで袖口に一切の縫い目が無い、気持ちいい仕様になっています。


荷物を入れた際、突っ張らないバックポケット
バックポケットは「トリプルランプ ポケット」を採用。
簡単に言うとマチのあるポケットなっており、荷物を入れた際に容量を稼ぐことができ、
ウェアが突っ張らない構造です。
アクセスしやすい適正な位置に配置され、深めでボリュームのあるポケットになっています。
軽量化の為、ファスナーポケットは排除されています。


サイズ:XS〜XL(レギュラーフィット)
材質 : 91% ポリエステル / 5% エラスタン / 4% ポリアミド
生産国:ブルガリア



この商品説明は(株)ヴィータスポルトが作成したオリジナルのものです。
このコンテンツの著作権は(株)ヴィータスポルトが保有し、無断でのコピー、転載、転用は
固くお断りいたします。