カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
半袖では寒いと感じた時、最初に着るべき長袖がこちらのアイテム。春秋にありがちな、日中/朝晩の温度差が激しい時に対応しやすい、高機能長袖ジャージ。10℃〜22℃までOK!
廃番取扱い終了【ASSOS/アソス】iJ.インターミディエイト_S7
32,184円(内税)
各オプションの詳細情報
カラー
サイズ
廃番取扱い終了【ASSOS/アソス】iJ.インターミディエイト_S7
32,184円(内税)
ティブル

春秋の定番ジャージ、インターミディエイトEVOが次世代へリニューアル。
全ての素材が刷新され、春秋のジャージとは思えないほど、薄くて軽いジャージに仕上がりました。
寒すぎはしないものの、少し肌寒いという時期=春や秋に最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

前面の防風素材が、従来の「エアブロック799」から、より薄くて軽量、伸縮性に富んだ
「スタラタゴン ウルトラ」に変更。これにより、前面パネルがゴワつかず、
しなやかになったことに加え、内から外へ蒸れを逃がす力もこれまで以上に向上しました。

側面、背中の素材は、サマージャージ SS UNO S7と同じ素材、VX121を使用。
この素材は、優れた吸水・速乾性を誇るだけでなく、ウェア内の温度を心地よい温度に保とうと働きます。
気温が低い時は暖かく、気温が高い時は涼しくしようと、ウェア内の空気と水分量をコントロールし、
体温を最適に保つ為のサポートをしてくれる素材です。
よって春や秋に特有の、日ごとの大きな気温の変化や、一日の中での朝晩と日中の気温差が大きい時期などに、
極めて使いやすいジャージとなっています。

乗車時に一番風を受ける部分、肩口〜腕の前側には、内側に新開発の極薄フリースタイプ
インサレーション生地を使用。これにより、風を遮る素材のボディ部と、そうではない腕の部分の
体感差を無くし、袖だけがスースーする感じがまったくありません。
袖口には初めて施されるアソスオリジナルの「リストラップ」機構を採用。
袖口が、"ラップ"されるような自然な感覚でフィットします。

バックポケットはいつものように3分割ですが、ファスナーポケットがセンターの位置になりました。
この部分には軽い撥水生地が使われ、携帯電話などの電子機器を汗や小雨から守ります。
(防水機能ではありませんので、大量の発汗、激しい降雨の際はご注意下さい。)

この時期のジャージとしては、やや高額とお感じの方もいらっしゃると思いますが、
これは優れた機能性の裏返し。
ウェアのチョイスに悩む春や秋には、あれこれ考えず、これさえ着ていれば、
暑くなっても、寒くなっても、まず間違いないと言ってもいいでしょう。
多くの方において、気温10℃〜22℃位までの間であれば、快適だと感じていただけるはずです。
もちろん、中にはインナーを着用して下さい。気温が高めの時はスキンフォイル SS.スプリング/フォールを。
気温が低めの際は、LS.スプリング/フォールがお勧めです。
現世代のアソス製品の中でも、特に優れた性能を持っている製品だと感じています。

サイズ:XS〜XLG
カラー:ブラック、レッド、ホワイト
材質 : 79% PES, 10% PA, 6% PU, 5% EA

この商品を買った人は
こんな商品も買っています