カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
2018シーズン、夏用ノースリーブインナーにホットサマーが新登場。シリーズ中、最も大きな網目のメッシュを採用。灼熱のレースに、トレーニングに備えるプロスペック。白色のみ。男女兼用。
【ASSOS/アソス】スキンフォイル EVO7 NS.ホットサマー (袖無し)
9,720円(税720円)
各オプションの詳細情報
サイズ
【ASSOS/アソス】スキンフォイル EVO7 NS.ホットサマー (袖無し)
9,720円(税720円)
2018シーズン、インナー『スキンフォイル evo7』 シリーズに、真夏用の袖無しタイプ、
ホットサマーが新登場。
速乾性素材は従来のサマーをそのままに、網目を拡大した新メッシュパターンを採用。
これにより、通気性の向上とともに、汗の移行がよりスムーズになりました。

オーストラリアや中東で開催される、気温が40℃を超える灼熱のレースを想定して、
BMCレーシングチームからフィードバックを受けて開発された、プロレベルで通用する
真夏の決戦用インナー。真夏のレース、トレーニング時に、最高のパフォーマンスを
求める方にオススメです。

記録的な猛暑に見舞われる昨今の日本の夏においては、熱中症対策としても有効です。
体質的に暑がりな方や、発汗量の多い方にもオススメです。



これまでよりも更に網目が大きくなった、トランポートメッシュ構造を採用。
繊維により素早く汗を吸い上げ、大きなメッシュにより空気が滞留することで、
涼しさを感じさせます。
他のクライマレンジの物と比較し、サマーのスキンフォイルは涼しさの為、
ややゆったりとしたフィット感で作られています。
日本の蒸し暑い夏に、これまで以上に対応しやすくなりました。

アソスは夏でもインナーを着用することを、基本と考えています。
夏用のインナーを着用することで、肌面とジャージの間に空気のベールを作り、
インナーを着用しない場合よりもむしろ、涼しく感じることが出来ます。
また、空気のベールにより、ジャージに移行させた汗の発散も早まります。

ジャージ素材よりも、インナー素材の方が、圧倒的に水分(汗)を吸い上げ、
蓄える力に優れます。
インナーにより汗を素早く吸い上げ、肌面をドライに保つことが、夏場のライドの
疲労軽減の秘訣です。
発汗量の多い方ほど、インナーの着用をお勧め致します。
アソスのインナー 『スキンフォイル evo7』は、年間を4つのシーズンに区分しています。

1/4 サマー/ホットサマー 20℃以上
2/4 スプリング/フォール 12〜22℃
3/4 アーリーウィンター 6〜14℃
4/4 ウィンター 8〜-4℃

素材の進化により、各アイテムがより幅広い温度域に対応できるようになった為に、
種類を減らすことが可能になりました。
20世紀を代表するモダニズム建築家、ミース・ファン・デル・ローエの言葉、
「LESS IS MORE」(=より少ないことは、より豊かなこと。)の精神に則ったものです。

新しいスキンフォイルevo7は、前世代のスキンフォイルと比較し、どのクライマレンジの物も、
圧倒的に薄く、軽量になっているのが特徴です。
製法はこれまでの物同様、靴下のようにチューブ状に紡いで形作られています。
ストレスとなりうるパネル同士の縫い目が存在しない、シームレスな構造。

軽く柔らかで、肌触りが良く、非常に伸縮性に富んだ素材を使用しています。
着用時に、過不足無く身体が生地に包み込まれるような、独特のフィット感を持ちます。
身体に生地がピッタリと沿うことで、余計な空気がウェア内に生まれることを防ぎます。
冬場は、この余計な空気の存在が寒さを感じさせますし、夏場は、汗が肌に留まり不快感や
疲労を余計に感じる要因となります。
肌面を常に最適な環境に保つ為に、スキンフォイルを着用するとお考え下さい。

スキンフォイルシリーズは、全4サイズしかありませんが、伸縮性に富んだ素材ですので、
多くの方において、体型を問わず快適に身体にフィットします。ご安心下さい。

中空構造の化学繊維をメインに使用することで、汗を吸い上げた後、肌から離れた場所に素早く
水分を移行させ、そこで水分の保持・発散を判断し、実行します。(プッシュ・プル機能)
繊維内の水分(湿度)をコントロールすることで、季節やシーンに応じて、暑さ、寒さを感じにくくし、
常に快適な体感温度でいられるよう作用します。

また、繊維の厚みや密度、伸縮具合や伸びる方向を、部位ごとに変化させています。
身体の場所ごとに生地の働きを変えることで、より一層の機能性と快適さを追求しています。
素材には、防臭・抗菌・静電気防止の加工が施されています。

アソスは現在のレイヤリングシステムにおいて、一番肌面に近いところにあるインナーの働きが、
非常に重要であると考えています。
ロードバイクに乗ることを考えると、発汗という現象抜きには語れません。
汗の処理を、時期に応じていかに最適化するかを主眼とし、スキンフォイル evo7は開発されています。
季節に応じて、最適なスキンフォイルをジャージの下に着用いただくことで、圧倒的な快適さを
体感いただけるはずです。

サイズ:0(XS〜S)、機M)、供L〜XL)、掘XLG)
カラー:WHITE
推奨使用外気温:20℃以上
クライマレンジ:ホットサマー
材質 : 93% PP, 3% PA, 4% EA
生産国:イタリア

スタッフモデルはサイズ機M)を着用(身長175cm/体重59.5kg/胸囲92cm)