カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
プロスペックの高い防水性、透湿性を誇るアソスの高性能レインジャケットが、遂に、軽量を極めました。全天候対応、携行性抜群、もはや死角なし!! RSストームプリンスのセカンドグレードとは言わせません。これぞ次世代レインジャケットのベンチマーク!!
【ASSOS/アソス】エキップ RS レインジャケット
48,600円(内税)
各オプションの詳細情報
サイズ
購入数

【ASSOS/アソス】エキップ RS レインジャケット
48,600円(内税)
エキップ RS レインジャケットは、プロのレースシーンを想定して、BMCレーシング
チームと共同開発された、超軽量・コンパクトタイプな高性能レインジャケットです。

左袖に記されたコードネーム『SchlossHund / シュロスフント』は、ヨーロッパでは、
城の守り神を意味します。

アソスの高性能レインジャケットと言えば、RSストームプリンス EVOが有名で、
その実力は、耐水圧17,200mm、透湿性19,500g//24hという素材のスペックが
示す通り、雨の侵入を防ぎ、汗蒸れを外へ逃がすという、相反する性質を高次元で
両立させた理想的なレインジャケットです。
ジロ・デ・イタリアを始めとするグランツールでも、契約外の選手が自費で購入してまで、
着用しているシーンが度々目撃される等、究極のレインジャケットとして語られてきました。

そして新たに登場した、エキップ RS レインジャケットは、RSストームプリンス EVOに
よく似ていますが、ウルトラライト(超軽量)をコンセプトに掲げ、素材のボリュームを
最小限に抑え、脱いだ際の携行しやすさも重視した、次世代のレインジャケットです。

アソスが誇る素材の研究開発部門 テキスタイルラボが開発した新素材Schloss Texは
防水性と透湿性を併せ持つ3層構造のシェル素材としては、今までにない薄さと軽さを
実現しました。 製品重量は170gと、RSストームプリンス EVOの約半分になります。

一般的に、素材が薄くなると、防水性の低下が心配されますが、既に昨シーズンから
BMCレーシングチームの選手達はプロトタイプを着用しており、激しい雨を伴う過酷な
レースにおいても、十分な防水性が確認されています。

また、新素材には柔軟性があり、動き易く、ロードバイクの深い前傾姿勢にもピタリと
フィットして、高いエアロ効果を発揮。
高速巡航時もバタつきを抑え、風切り音の低減にも配慮した素材です。

カラーは安全面に配慮して、視認性の高いローリーレッド(蛍光オレンジ)を採用。
アソスのレインジャケットの代名詞として定着した明るいオレンジ色は、夕暮れ時や、
悪天候時でも、瞬時に見つけられる色です。
また、背中の中心に、反射材を使った縦のラインを入れ、後方からの視認性を
強化しています。

構造的にはRSストームプリンス EVOの良い部分を取り入れながら、独自の新構造も
加わり、完成度の高い製品になっています。

Extended rear panel
雨水、泥はねが当たる背面下部を延長したドロップテールデザイン。

Pocket slots
背中には、中に着たジャージのバックポケットに直接手が届く、雨滴フラップ付きの
大きなスリット(切れ込み)が存在します。
このスリットは、運動中の熱気、蒸れを逃がす排気口としても有効です。

Double zip
フロントジッパー(ファスナー)は、上下どちらからでも開けることができるダブルジップ
の採用により、天候の変化に合わせて、すばやい開閉が可能。
また、クールダウンしたい場面では、上下から開けた方が風抜けもよく、調整もしやすい
メリットがあります。

主要な縫い目には裏側から止水テープが施され、縫い目からの雨の侵入も防ぎます。
ある程度の防寒性も備えていますので、雨の日に限らず、秋から冬にかけての気温が
低い季節のウィンドブレーカーとして、幅広い用途でお使いいただけます。

カラー : ローリーレッド
サイズ : XS〜XL
クライマレンジ :通年
材質 : % PA, % PU, % EA, %

この商品を購入する