カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
次世代のグランツーリング用ジャージ SS.チェント EVO8。一見地味に映りますが、実は新機能がたっぷり奢られ、快適さをとことん追求。大人のジャージに仕上がっています。
【ASSOS/アソス】SS.チェント EVO8 ジャージ
26,784円(内税)
各オプションの詳細情報
カラー
サイズ
購入数

【ASSOS/アソス】SS.チェント EVO8 ジャージ
26,784円(内税)
2017シーズン新登場のSS.チェント EVO8 は、一見既存のSS.カンピオニッシモ EVO7と似ていますが、
実際に間近でご覧いただくと、それとは全く異なるジャージであることに、すぐにお気付きになられるはず。
SS.カンピオニッシモが「超レーシング」の為のジャージだとすると、新しいSS.チェント EVO8は、
「ロイヤルコンフォート」= 快適性をとことん追求したジャージになっています。

そもそもアソスのコレクションにおいて「チェント」というワードは、長距離・長時間を目的とする
ライダーに向けて、多くの工夫が施された、快適性重視のスペックを示す言葉。
昨シーズンまでもSS.チェント S7というジャージが存在しましたが、新しい世代に移り、更なる快適性
を感じていただける製品になっています。

主たる正面の素材は、SS.ラリートレッキングに使われている深い縦リブ編み状の素材。
例えて言うなら、アコーディオンの蛇腹のような作りになっており、伸縮性が高く、身体の大きな動き
に対しても生地が追従してくれ、フィットが高くても生地が突っ張る感じがありません。

袖〜肩周りのパターンは、従来品には無い新しいパターンを採用。
特に背面、肩甲骨周辺から袖にかけてのフィット感は絶妙で、次世代のジャージであることを
強く感じさせます。
袖はSS.カンピオニッシモ同様、超極薄素材のカットオフタイプのスリーブ。
袖口に縫い目が存在せず、腕を通す際、非常に滑らかな印象です。
長時間の乗車(日焼け)を考慮し、袖丈は他のジャージと比較し、2cm程度長くとられています。

黒い素材同士なので一見判りにくいですが、正面パネルのお腹部分は、別の薄手の素材に切り替わっており、
伸縮性に富みつつも、フィットと安定の高い素材になっています。この箇所にはiG.ファルケンツァーンの
技術が応用されています。

背中の素材は、SS.カンピオニッシモに向けて開発されたType.220メッシュ素材を採用。
現時点で最上の背中用素材が使われています。
(カラー:ブラックには、黒色のメッシュ背中素材が入ります。)
また、製品内部、首の裏側の生産国/サイズ表示のタグが存在していないのも新たな意匠で、好印象です。

また、SS.チェント EVO8 においてはバックポケットにも、新しい構造が採用されています。
新開発のバックポケット用素材は、強度、伸縮性、通気性、撥水性に優れた素材。
更なる通気性の向上の為、ポケット素材表面には大胆にレーザーカットによるパンチング加工が
施されています。
ポケット自体は最近のアソスジャージ同様、深めにとられており、たっぷり容量があります。
左コンパートメントに縦ファスナーポケット。
右コンパートメントに縦に長くリフレクターを配し、安全性向上に繋げています。
(※当サイト内、モデル着用写真と実物とでは一部仕様が異なる点がございます。予めご了承くださいませ。)

フィット感はレギュラーフィットを採用。しかしながら、全世代のSS.チェント S7 とは全く異質の
フィット感で、生地の身体への密着度は高いのですが、タイト感は無い。そんな着心地になっています。

グランツーリングに向けて是非この新しいジャージを試してみてください。


サイズ:XS〜XL(レギュラーフィット)
カラー:ブラック、イエロー、レッド
材質 : 63% PA , 20% PL , 17% EA
重量:170g(Mサイズ実測)
UPF 50+
生産国:リトアニア
この商品を購入する