アソス ロードバイクウェアのお手入れ



ウェアの保管

ライドの後は、ウェアを風通しの良い所に置くか、すぐに洗濯をして下さい。

特に発汗の多い季節や、雨天のライドなどで、ウェアが濡れている場合は、そのまま放置しますと

色移りの原因となります。なるべく早く洗濯をして下さい。

室内でも、直射日光に当たるところにはウェアを長時間置かないようにして下さい。色褪せの原因

となります。

風通しの悪い所に、詰めて保管しないで下さい。特に、ビニール袋の中や、スポーツバッグ、

スーツケースの中などに長期間保管しないで下さい。

もし汗を掻きやすい体質の場合は、使用の度に水ですすぐようにして下さい。

これで、生地の劣化を早めてしまう細菌の攻撃から、繊維を保護することが出来ます。



ウェアの洗濯

洗濯は、汚れや汗を落とすと同時に、生地と縫製部にストレスを与えるという側面もあります。

摩耗を防ぐために、サイクリングウェアと、他の服やタオルなどとは分けて洗って下さい。

洗濯の前に、ウェアを裏表反対にし、縫製部を表にして下さい。

アソスウェアは、一部の製品を除き、ほとんどの物において洗濯機で洗っていただけます。

(クライマシュッツ、クライマジェット、サマーコットンキャップは手洗い。)

その際は、必ず洗濯用ネットに入れ、デリケート衣類用のコースで、冷水もしくは30℃までの

ぬるま湯を使用して下さい。熱いお湯は色移りの原因となります。

洗剤は、出来ればアソス アクティブ ウェアクレンザーのような、肌に優しい液体洗剤を使用

して下さい。また、漂白剤と柔軟剤は使用しないで下さい。

汚れがひどい時でも、浸け置きは絶対にしないで下さい。色移りの原因となります。

また、絞ったり擦ったりしないで下さい。素材の毛羽立ちの原因となります。

手洗いの際、水分を切るには、手で優しく握ってあげるくらいに留めて下さい。

乾燥機は使用しないで下さい。縮みの原因となります。

洗濯後、干す際は吊るすようにして乾かして下さい。サスペンダーの付いた物は、

サスペンダーに掛けるのではなく、ハンガーや物干しに、半分に折り曲げるようにして

干して下さい。サスペンダーが伸びてしまうのを防ぎます。

ビブショーツは、足側を上にしてピンチで留めて干すのがお勧めです。




アソス アクティブ ウェアクレンザー

洗濯の際は、アソス アクティブ ウェアクレンザーや、刺激の少ない液体洗剤を使用することを

お勧め致します。アクティブ ウェアクレンザーは、低刺激の中性洗剤で、弾力性のある生地用に

特別に開発された洗剤です。ゴムの成分の劣化を防ぐと同時に、汗の中に含まれる有害な細菌

の活動や、臭いを防ぎ、繊維の通気性と、綺麗な色目を維持できるような成分となっています。